トップページ

どぶろく清水園

文化的景観

大野見米四万十の清粒
私たちは、 四万十の清粒特栽大野見米を栽培しています。

四万十川上流で自然環境を大切にし、皆様に愛される美味しいお米作りに取り組むグループ。

 
 
おおのみエコロジーファーマーズの目的

四万十川源流域の自然豊かな里山、中土佐町大野見で栽培される大野見米の評価を高め、確立し、消費者に選ばれる産地を作り、環境に調和した栽培や、消費者との交流、経営の安定など魅力ある稲作を展開し、地域農業を次世代へ繋げていくことを可能にすることを目的とする。
 
大野見の米
 高知県高岡郡中土佐町大野見

知市から西へ約60㎞、高知道中土佐インターから20分、四万十町東インターから15分位のところです。
四万十川源流点から18㎞ほど下流にあり、海抜300mの高原台地です。平均気温は15℃~16℃位です。
年間降水量は3,500㎜程で、周囲を山に囲まれ、昼と夜の温度差が大きく、霧が立ち込めることが多いところです。 大野見は古くから、米に適した土壌や気候に恵まれていることに加え、稲作に熱心に取り組む土地柄で、平成19年まで行われていた集荷区分の中で、特Aの米を産出する数少ない地域として知られていました。
近隣でブランド米を栽培している農家の方に大野見で米作りをしたいと
憧れを込めて言われるほどです。

四万十の清粒 特別栽培大野見米
☆節減対象農薬:高知県慣行栽培比5割減・化学肥料(窒素成分):高知県慣行栽培比5割減
☆JA高知県の検査を受けています。
☆2等級以上です。
☆食味値が75以上です。
☆単一銘柄%(ヒノヒカリ・のこまる)です。
ヒノヒカリ(南海102号)・・・コシヒカリ(越南17号)と黄金錦(愛知40号)の交配。
にこまる・・・きぬむすめと(北陸174号)の交配。
いずれも、美味しさで定評のあるコシヒカリの血を引いています。 
 
よろずAI(よろずあい)

環境浄化微生物(マイエンザ)のことです。
原材料はヨーグルト(乳酸菌)、ドライイースト(酵母菌)、納豆(納豆菌)で、一般的には生活環境クリーナーとして排水溝のぬめりや、悪臭の除去などに広く使われています。
よろずAIを圃場で使用することで、圃場の環境を改善し、用水路や河川を浄化します。
 
よろずAI製造工程   原材料   配合   発酵
  平成31年四万十の清粒 特栽大野見米栽培暦 
 栽培の要点  太くて、しっかりした健苗を育成する。
栽植密度30cm×24cm(45株/坪)程度の薄稙、植付けは1株3~4本、深さ2.0cm程度の浅植えとする。
目安となる収量構成要素(10aあたり)
ヒノヒカリ:穂数20本/株、一穂籾数90粒/穂、登熟歩合85%、千粒重22g、整粒歩合95%(1.8m以上)
22本×90粒×13,889株/10a×0.85×22g×0.95=488㎏/10a
にこまる:
     
農薬成分数は合計9成分以内とする。    
防除病害虫   薬剤等(例)  成分数  使用時期  使用量・倍率
 バカ苗病・いもち病等  温湯種子消毒  無し  必ず乾籾とする。  60℃で10分間、処理後すぐ水で冷やすこと
いもち病・イネミズゾウムシ  ルーチンアドスピノ箱粒剤   緑化期から移植当日 50g/箱   ポット苗1.666g/箱
 除草剤 エーワンジャンボ 2 移植後3日からノビエ2葉期、但し、移植後30日まで  300g/10a 
 いもち病・稲こうじ
ブラシン粉剤DL又は
ブラシンフロアブル
2 収穫7日前まで
いもち病・稲こうじの同時防除は出穂の8~14日前に行う 
 4㎏/10a
1,000倍
 紋枯れ病 バリダシン液剤5  各1 収穫14日前まで  
1,000倍 
 カメムシ類・ウンカ類 スタークル粉剤DL又は粒剤
スタークルメイト液剤10
 各1  収穫7日前まで     3㎏/10a
1,000倍  
コブノメイガ  Mr.ジョーカー粉剤DL
Mr.ジョーカーEW 
 各1  収穫7日前まで  
収穫14日前まで 
3~4㎏/10a
2,000倍 
 薬剤は、9成分以内であれば特に指定しないが、環境やミツバチなどに悪影響を及ぼすものは使用しない。
化学合成窒素量は10アールあたり5㎏以下とする。   
項目    肥料名(例) 施用量    窒素成分量
化学合成   有機態窒素
元肥   スーパーユーキくん1号(10-8-8)  40㎏  2㎏ 2㎏ 
 穂肥  スーパーユーキくん3号(10-3-8)   20㎏  1㎏ 1㎏ 
 一発肥料 仁井田郷ロマン伝説(12-10-8)   50㎏  3㎏  3㎏ 
 土作り
良質堆肥や発行鶏糞などを土壌に応じて施用する。
土壌診断に基づき、ケイカル、マイロマン、スーパーシリカ、綜合ミネラル宝素、ようりん、硫マグ、などの土壌改良資材を施用しミネラルバランスを整える。
 環境を良くし、水稲の生育を健全にするため、よろずAIを活用する。
・代掻き時期に、10アール当たり2リットルを施用する。
・出穂前、乳塾期、登熟期に500倍液を散布することも推進する。


 おおのみエコロジーファーマーズは、女性の感性を栽培や販売促進活動に活かしています。

 
 
 



 トップページ
 
文化的景観